CAFE DE PARIS

カフェ・ド ・パリ 
オンライン購入

販売店とフレーバーを選択してください。

  • 在庫がない場合がございます。各ストアでご確認ください。
  • 価格、送料やその他購入に関することは各ストアでご確認ください。
  • 購入に関しては一切責任を負いません。

スパークリングワインの
保存方法・飲みどき

長く保存せず、早いうちに飲むのがおすすめ

スパークリングワインは、ワインと同様、70〜75%の湿度、12~15℃の低温、振動がなく暗い場所といった環境で保管するのが大切です。ワインセラーがあれば理想的ですが、難しい場合は冷蔵庫で寝かせて保管を。保存環境が整っていない家庭では、長く保存せず、なるべく早く飲むのがベスト。保存する場合は、長くても1~2年のうちに飲むようにしましょう。

残ってしまったら…

一度ボトルの栓を開けると、泡がどんどん抜けていってしまうため、スパークリングワインはその日のうちに飲みきりたいところ。ただし、どうしても残ってしまった場合は、シャンパン用のボトルストッパーでしっかり栓をし、冷蔵室に立てて入れれば、翌日も楽しめます。

監修者:髙山かづえ先生

スパークリングワインの保存方法・飲みどき

Welcomeこのサイトをご覧いただくには、お住まいの国で定められている法的飲酒年齢に達している必要があります。生年月日をご入力ください。次回から入力を省略するペルノ・リカール・ジャパン株式会社は、飲酒に対して責任ある姿勢を持つよう人々に呼びかけるとともに、アルコール飲料の誤った取り扱いを防止する数ある組織の一つです。0123456789