CAFE DE PARIS

カフェ・ド ・パリ 
オンライン購入

販売店とフレーバーを選択してください。

  • 在庫がない場合がございます。各ストアでご確認ください。
  • 価格、送料やその他購入に関することは各ストアでご確認ください。
  • 購入に関しては一切責任を負いません。

スパークリングワインと
シャンパンの違い

違いを知り、シーンに合わせて楽しもう

スパークリングワインとは、発泡性のワインの総称で、じつは、シャンパンもスパークリングワインの一種。
フランス・シャンパーニュ地方で作られ、かつ、定められた製造方法、瓶内で二次発酵させるシャンパーニュ方式によって作られたスパークリングワインをシャンパンと呼びます。

このように、スパークリングワインは、生産国・生産地と製造方法によって呼び名が変わることがあります。
例えば、スペインで作られたものには「カバ」、フランスでもシャンパーニュ地方以外に作られたものに「ヴァン・ムスー」「クレマン」などがあり、その名を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

一般的にスパークリングワインと呼ばれるものとシャンパンには、味わいにも違いがあります。
ぶどうを発酵させ熟成させたシャンパンは、こくのある味わい。高価なこともあり、お祝いごとなど、特別な席で飲まれることが多いようです。

一方、スパークリングワインは、果実味溢れるみずみずしさが特徴。リーズナブルなものが多く、ふだんの食事といっしょに、気軽に楽しめるのも魅力です。食事中はもちろん、食前酒として、また、食後のデザートと一緒になど、幅広く活躍します。

監修者:髙山かづえ先生

スパークリングワインとシャンパンの違い

Welcomeこのサイトをご覧いただくには、お住まいの国で定められている法的飲酒年齢に達している必要があります。生年月日をご入力ください。次回から入力を省略するペルノ・リカール・ジャパン株式会社は、飲酒に対して責任ある姿勢を持つよう人々に呼びかけるとともに、アルコール飲料の誤った取り扱いを防止する数ある組織の一つです。0123456789